2019年09月01日

KATOキハ82系旧車両のツメが折れた・・・

いよいよ9月♪拙レイアウトも紅葉準備しないと(^^♪
(毎度遅れるので、今年は早くしたい・・・気持ちだけ・・・)

とりあえずキハ82系(旧車両編成)を引っ張り出したら、思わず床に落としてしまい、ツメ折れ・・・右上の部分になります。。。

DSC_1879.jpg

これ、素人的には意外に重症で内部のバラストやらなんやらの固定が出来なくなってしまい、セロハンテープなどの処置もなかなか上手くいかないことも・・・
ちなみに以前に間違えて余分に購入してたKATO;6061;キハ82が手持ちにあったんで、修繕はあっさりと諦めました(笑)

さて問題になるのが、旧車両との連結。
結論から言うと、新車両のボディマウント方式ではなく、台車にカプラーが付いている旧方式に合わせれば連結は可能です。
新車両側の台車が最新式と異なり、ネジ式というのもミソ。

2018.1.6の記事を参照♪
【KATOキハ82の新旧比較とその混成はできる?】
http://boyaki-express.seesaa.net/article/456009712.html

旧車両側の台車を新車両側に取り付けるのですが、旧車両台車の取り付け穴をピンバイスで少し拡げてあげます。
DSC_1886.jpg
DSC_1888.jpg
DSC_1890.jpg
DSC_1891.jpg

左が新車両、右が旧車両♪
座席の色でもわかりますね(^^♪
DSC_1893.jpg

ボディマウントのカプラーのほうが断然カッコいいので、
そちらに合わせたいのですが、旧車両にボディマウントカプラー加工は素人には困難です(笑)
(TOMIXで一回やったことはある・・・http://boyaki-express.seesaa.net/article/388440933.html

DSC_1913.jpg










posted by がんぼや at 09:57| Comment(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。