2018年06月29日

サッカー日本代表西野監督の三つの大罪

サッカーワールドカップロシア大会を観戦されている方も多いかと思います。今回の日本代表の戦い方に疑問があり、少し言わせて頂きます。

今回の予選リーグ最終ポーランド戦で引き分けなら自力で決勝トーナメント進出ができましたが、負けた場合はコロンビアかセネガルの勝利が必須条件でした。そして最終戦・・・ポーランドに1点取られて以降、コロンビアVSセネガルはコロンビア1点リードの状況で、0-1負けなら2位で決勝トーナメント進出できるためにダラダラしたプレーに終始。特にアディショナルタイムは全く攻撃することなくバックラインでパスを回していました。この作戦をプロフェッショナルだと誤解されている方が多いことに驚きを隠せません。

他力本願がプロ?冗談じゃない。あくまで自力突破を目指すのがプロ。

西野監督はこの試合で三つの大罪を犯してしまいました。

1.自国の選手の能力よりもコロンビアを信用したこと。

2.最後まで戦ったセネガルを侮辱したこと。

3.子どもたちの夢を奪ったこと。


この試合を、結果がすべてとして、子供たちに堂々と見せることができますか?
結果がすべてというのはスポーツマンシップ則った上での話です。

こんな姑息なことしてフェアプレーで2位通過とか、なんかのギャグですか?

ベルギーに10-0ぐらいで負けたらいい。

お前たちに日の丸を背負う資格はない!



posted by がんぼや at 21:26| Comment(4) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お怒りご尤もですな

でも見方を変えると
“日の丸ジャパン”でなく正しくは“電通ジャパン”であり

日本代表チームじゃなく『電通サッカー部』と思えばシックリきますね
Posted by 通行人です at 2018年06月30日 02:50
通行人です様
”電通ジャパン”とは、言い得て妙ですwww
Posted by がんぼや at 2018年06月30日 13:06
あの試合はがっかりした人が多かったというのも無理はないのかもしれませんね。サッカーファンやサポーターからすると攻めて、攻めて、攻め続けて多く得点を入れたほうが気持ちがいいものです。ですが逆に賞賛している方も多いのも事実です。外国人の監督から言われたことは、日本はずる賢いプレーができないと言われました。だから日本はこんなプレーもできるようになったのかという意見もたくさんありました。でも一番つらかったのは選手であり僕たちは、批判や硝酸は簡単にできますが選手や監督がどうやってあの作戦にしたのかなんて細かいところはわかりません。長い間サポータをしている人はもしかしたら察している人もいるかもしれませんが、一般の人からは監督と選手のやり取りなんてわからないですよね。僕はこの件に関してはどちらの意見も正しいと思うのです。でも子供には見せられない試合というのは自分の中では違うと思います。確かにゴールシーンのみを子供に見せたら憧れを持つのは当然だと思います。でもそれだと子供たちは本当のスポーツを知らないでやっていることになると思います。例えば国民的な漫画やアニメを暴力的なシーンがあるとかお色気のシーンがあるから子供には見せたくないと決めつけいるようなものだと思います。スポーツは攻め続けるだけではいけないと思います。だからこそ子供たちにはこういう試合を見せて自分なりの考えをもってほしいと思います。かっこいいで影スポーツではないという事も教えないといけないと思います。ルール範囲の中ではこういうやり方をするのも僕的には面白いと思います。僕的にはこういう試合もありなんじゃないかと思います。攻めるだけの試合なんて盛り上がりはしますが、ありきたりだと思います。攻めることよりも選手のプレーを見たいからです。きっと納得できないところがたくさんさんあると思いますがこういう意見の人もいると理解していただけると幸いです。
Posted by 匿名 at 2018年06月30日 22:50
>匿名さま
コメントを頂き、ありがとうございます。

この記事を書いた背景を少し知って頂ければと思います。
遡ること2005年12月3日J1最終節。ガンバ大阪は勝ち点57の2位、セレッソ大阪が勝ち点58の首位という状況でした。ガンバ大阪の監督はもちろん西野朗氏。私たちサポーターは全力でサポートするために等々力競技場に参戦。
試合経過はガンバが先制、川崎が追いつくという展開。79分に遠藤選手がPK成功で2-3とリード。84分になんとフェルナンジーニョが退場。10人のガンバは守りに徹してセレッソ大阪VSFC東京の試合結果を待つのが普通と思います。でも、点を入れられたら元も子もなかったにもかかわらず、その後もノーガード戦法(笑)で、なんと89分にアラウージョが追加点。2-4で勝利を収めました。
そう、西野さんは攻めの姿勢を貫いたのです。そしてセレッソの結果を待ちました。なんと今野選手が89分に同点ゴールを決めて、引き分け。ガンバ大阪の逆転優勝となりました。
もとより他力本願でしたが、こんなバカげたことをして同点にされても、私たちサポーターは最後まで頑張った選手とともに涙したと思います。
ずる賢い試合運びというのは、ピッチの選手を信頼してこそできるものだと思います。ポーランド戦に出場した選手は、ボールを回して自力突破できる状況なら納得するでしょうが、自力突破をチャレンジさせてもらえないとなると、かなり葛藤があったに違いありません。ここは匿名さまのおっしゃる通りと思います。
したがって、私のようにここまで言うことはないにしても、選手に葛藤させる作戦は、決して賞賛されるものではないと思います。
私たちが、スポーツ選手やその試合から得られるもの・・・それは単なる勝敗だけではないんじゃないでしょうか。どんなことがあっても立ち向かう勇気。これだけは捨ててはならないものと思います。

ポーランド戦、自力突破を目指して戦って、カウンターをくらって失点して3位になったとしても、私は最後まで頑張った選手をねぎらいたいし、誇りに思うでしょう。

西野さんは、2005年の誇りはどこにいったのでしょうか。非常に悲しい想いなのです。

ただでさえ、プロスポーツは汚いもの。それは大人になればわかります。特に日本はスポンサーに頭をさげていいなり状態です。でもそれを見せないのがプロです。憧れを演出するのもプロの役目。
時には子供たちに現実を見せる必要があるのは否定しません。しかし今回はさすがにやってはいけないレベルだと思うのです。
選手と監督との信頼関係、そして同時刻に戦う国への敬意。すべてにおいて、背信行為と思っています。自力突破を諦めるということは、そこまで重大なことなんだと判って頂きたいのです。


Posted by がんぼや at 2018年07月02日 16:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。