2017年11月04日

新幹線モジュールレイアウト土台の強度不足が露呈・・・

おはようございます。
昨日、新幹線モジュールレイアウトを少し移動させようと持ち上げたところ、「メリッ!」という音が・・・
持ち上げた時に少し歪みが生じたみたい(>_<)
明らかに土台の強度不足(泣)

KATOのレールの規格が248mmという微妙な長さのため、一般的なモジュールパネルの規格900×600では接続がややこしくなるし、ホームLED照明の長さにも配慮しないといけないために、自作したんですが、やはり素人大工はダメのようです・・・

思案しているうちに寝落ち・・・
とりあえずは土台も解体することにします。市販のモジュールパネルを如何にうまく組み合わせて同時にホームLED照明を切断することなく取り付けることができるか・・・
市販のモジュールパネル、高くつくなぁ・・・

posted by がんぼや at 09:10| Comment(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。