2017年01月14日

拙レイアウト、脱線多発箇所の改修〜脱線防止ガードの設置

寒いですね〜〜〜ブルブル(>_<)
今週末は大雪の可能性・・・皆様、お気をつけて。

拙レイアウトは雪景色の準備中でございます。
本格的に雪景色にする前に、しょっちゅう脱線する箇所を改修しました(^^)
実際と同様に脱線防止ガードを設置(^^♪
P1040548s.jpg

脱線の原因はこれ。
P1040549s.jpg

脱線多発箇所はカーブで上り勾配となっているために、
列車によっては車両間の幌同士が上部で接触してしまうことにより
曲がり切れずに脱線という感じ。
これを改善するには車両側の幌を削るか、レール側を改修するかでした。
思い悩んでいたのですが、ssltdexpress氏よりアドバイス(^^)/
KATOのフレキシブルレールが脱線防止ガードに使用できるとのことでした。
実際に購入してみると、なんとペンチで切断でき、
さらに手で簡単に曲げることができちゃったのです!
(って、自由変形が可能なレールだから、当たり前なんですが、結構、感動(笑))
P1040544s.jpg

ほんでもって、通常とは反対の道床側を上にして、木工用ボンドで貼り付けしました。
これで脱線がほぼ皆無になりました♪
なかなか侮れないです、KATOのフレキシブルレール\(^^)/



posted by がんぼや at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜
無事に脱線防止が出来てなによりです!(^O^)/
Posted by ssltdexpress at 2017年01月18日 21:44
>ssltdexpress様

こんにちは!
このたびは本当にありがとうございました♪
こんなに簡単に取り付けできるなんて、
目からウロコです(^^)/
これからもアドバイス、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m
Posted by がんぼや at 2017年01月19日 12:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック