2016年12月03日

新幹線モジュールレイアウト;ホームエンドの側壁取り付け

ちょ〜〜〜、久しぶりにモジュールレイアウトの記事です(^^♪

今回はホームエンドの側壁取り付けについて。
P1040474s.jpg

これ、橋脚をつけてません(笑)
KATOの場合はジョイナーが高架プレート、側壁、橋脚と一体型になっているんです。
つまり通常通りにジョイナーを取り付けてしまうと、側壁が取り付け不可になってしまいます。
P1040473s.jpg
P1040475s.jpg

そこで、このジョイナーを片方だけバッサリとカットしちゃいます。
P1040454s.jpg
P1040455s.jpg

これを高架プレートにはめ込んで・・・
P1040476s.jpg

側壁を取り付けます(^^♪
P1040478s.jpg

これで、高架橋脚、高架プレート、側壁を一体化することができました!♪

いよいよ次回は仮設ですが、
新幹線ホーム用モジュールの土台を繋げてみたいと思います♪


posted by がんぼや at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
がんぼやさん こんばんは(^^)
KATOのユニトラック複線線路は実感的なのですが
いかんせん使い勝手が少々悪いところが難点
ですね〜(^^;
特にモジュールレイアウトになると尚更かも
知れませんね。
私はポイント関連が不満が残ります・・・
Posted by くさたん at 2016年12月05日 19:49
くさたん様
おはようございます(^^♪
おっしゃる通りKATOのユニトラック複線線路はかなり実感的ですね!
ただ高架プレートの端はTOMIXと違って、斜めの側壁などの
バリエーションがないために、本記事のような加工が必要になる場合も・・・
KATOの線路の利点は、モジュールレイアウトの線路の取り外しの際、
そのままモジュールを斜めに割るような感じでずらせば
接続が外れるので、伸縮レールが不要なところでしょうか(^^)/

Posted by がんぼや at 2016年12月06日 08:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック