2014年04月25日

JR東海での認知症徘徊事故訴訟;JRや裁判所は本当に無慈悲?


@認知症で徘徊し線路で事故、遺族の賠償減額 名古屋高裁
朝日新聞DIGITAL 平成26年4月24日

A認知症で電車事故 妻に賠償命令 
NHKオンライン 平成26年4月24日


こういう記事を引用するのって、ほとんどしないのですが、
どうにも報道内容に疑問があってエントリーしてみました。

事件の概略ですが(上記記事A引用)、平成19年、愛知県大府市のJR共和駅の構内で近く住む認知症の91歳の男性が電車にはねられて死亡し、JR東海が事故で生じた振り替え輸送の費用など、およそ720万円の賠償を遺族に求めたというものです。1審の名古屋地裁は妻と長男の監督責任を責任を認め720万の支払いを命令しています。今回はその控訴審名古屋高裁での判決ですが、男性の妻にのみ360万円の支払いを命令しました。

まずは事故に遭われた男性のご冥福をお祈りします。
さて、これ記事だけ読んだら、「認知症の人間を24時間管理しろなんて、絶対無理!」となるように思います。事実、ネット上での意見は多くがこの判決が不当というものです。

でもなんとなく違和感があったんです。そこまで訴訟沙汰になるのか?ということ。
監督義務責任を裁判所が負わせたという理由はなにかということ。
ちょっと検索すると興味深い話がでてきていました。
(判例そのものは検索しても出てこないようです。)
名古屋地判平成25年8月9日 認知症男性の人身事故について鉄道会社が遺族に賠償を求めた事案について
アイエム法律事務所 裁判例解説


1:この男性は資産家。
2:施設入所なども可能だった状況だった。
3:在宅介護だったが、ヘルパーは雇っていない。
4:この男性は要介護4の認知であり、財産決定は事実上、長男。
5:長男は横浜在住。その妻が単身同男性宅の近くに移り住んだ。

裁判所は、金銭的負担をかければこの方の場合は認知症介護に色々と選択肢があったと考えたようですね。
金銭的に施設入所が無理でどうしても在宅で介護せざるを得ないケースとは違うようです。
つまり、「それだけ余裕があるんだから、もうちょっと監督してよね。」ということと思います。

当然のことながら、JR東海側には損害賠償請求権はありますよね。
本当は示談にしたかったけど、もめたと予想します。
JR側としては賠償金額云々より、責任の所在をはっきりさせたかったのではないでしょうか。
列車を止めて混乱させた責任はどこにあるのか?ということ。
精神病患者が病院から抜け出して列車と事故をおこせばやはり監督責任を問われますし、
飼い犬が列車に飛び込んでも監督責任を問われます。(過失の有無は別です。)
監督責任を問わないとすれば、その理由に情状酌量の余地があるかどうかということですね。
今回のケースでは、「それはちょっと・・・」ということだと思います。

それで改めて記事を読んでみると、一般的な介護と論点がすり替わっていることに気づきます。
改めて日本のメディアは偏向だと認識した次第です。




もしよかったら、ポチッとしてくださいね〜!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

posted by がんぼや at 12:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。以前わたくしもこの件について微妙な疑問
を持っておりました。マスゴミの偏向報道があるんじゃ
ないかと。なるほどね〜サイドストリーはそうでしたか。
もしかしてこの資産家ご一家は理由があって"あえて"老人
を放置したのではないかと勘ぐってしまいますね。
http://blogs.yahoo.co.jp/h53001126/9978250.html
キーワードは資産家ですね....おーこわ
Posted by しるねこ at 2014年04月27日 21:27
しるねこ様
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り一方的にJRが悪いという恣意的な報道はどうかと思います。
確かに亡くなられた方はご不幸ですが、
じゃあ、損害を泣き寝入りしなさいというわけにはいきませんよね。

もし介護の面を重要視するのであれば、
当該家族の介護状況をまずはしっかりと
報道すべきであったと思います。

ご存知と思いますが、ヘルパーをいれずに家族だけで介護するのは困難と思います。
放置はなさっていらっしゃらないと思いますが、一般的な介護とはかけ離れていますよね。
それで事故が起きてしまったわけですから、
やはり監督義務を問われるのも仕方ないと思います。

遺族は責められるべきではありませんが、
不安を煽るメディアは最低ですね。
Posted by がんぼや at 2014年04月28日 16:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック