2014年02月02日

あけぼの乗車弾丸ツアー

寝台特急あけぼのが定期運用終了とのことで、今回乗車して参りました。いわゆる葬テツとかいうジャンルですね。あけぼのチケット(2月1日青森〜上野)を元旦にみどりの窓口で10時打ちして頂きました。シングルデラックス狙いでしたけど、瞬殺…でもB寝台ソロをゲットして頂きました。まずは感謝です。

チケットは取れたものの旅程を組まないといけません。これが困った…奈良在住の私が青森までどう行くかと旅程の日数です。仕事の都合上、1泊2日が限界なので前泊は無理で当日出発…とすれば普通は関西圏からなら飛行機でしょうけど、普段飛行機を利用しないのでマイレージもなく正規料金。金銭的に厳しい。最終的に2月1日当日に新幹線で青森に向かうことにしました。

往路
京都10:26発 東京12:23着 のぞみ122号(N700系)東京行
東京12:56発 新青森16:30着 はやて35号(E5系)新青森行 こまち併結
新青森16:41発 青森着16:48着 スーパー白鳥27号函館行
復路
青森18:23発 上野6:58着 あけぼの 上野行
上野〜東京 山手線
東京9:00発 新大阪11:33着 のぞみ215号(N700系)新大阪行


P1020475s.jpg
P1020478s.jpg

往路ののぞみでは隣に座った外人の方に「ナンジニツキマスカ?」といきなりの質問されました。うまく答えられなかったので、PCで英語版の到着時刻を調べて見せてあげました。「アリガトゴザイマス。」
次の質問は「ドコ二スンデマスカ?」そこで「I live in Nara.」と答えました。「キレイナトコロデスネ。」とお答え。英語の授業か(笑)
今度は「バクロチョウハドコ?」と、地図を差し出されて聞かれました。なんと東京のSUBWAY MAPでした。東京の地下鉄は関西圏の私には正直よくわかりません。そこでPC検索・・・ありました。JR総武線馬喰町。で、英語版に変換。PCの画面を見せて、「JR Soubu Line」に東京で乗り換えることを伝えました。なんとか理解して頂いたみたいです。
ほどなく車掌さんがやってきて、その外人の方のチケットを確認。なんと自由席だったようで「Car No.3.」と言われて、そそくさと去って行かれました。

で、この調子で総武線に乗り換えることが果たしてできたのでしょうか…なんせ東京駅地下ホームですから…神のご加護を…


P1020485s.jpg

というわけで、はやてに乗車。座席は3人掛けの一番前の窓側。
ほどなく大宮から生後半年ぐらいの男の赤ちゃんを抱いたお母さんがキャリーバックを引いて乗ってこられて通路側の席に座られました。赤ん坊が泣きそうになると、すぐにデッキへ行かれてあやされてました。ほんとに気の毒でした。ひょっとしたら、私がヘンなおっさんに見えたのかも知れませんね。
とりあえずは真ん中の座席空いていたので、お母さんと目があった時に荷物だけでもそこに置かれたらと声を掛けさせて頂いたんですけど、「いいです、いいです。」とおっしゃられて、よっぽどおっちゃん嫌われた?(笑)
まあ、あけぼの弾丸ツアーするヘンなおっちゃんですけど…
新幹線はビジネスマン優先とはMOMOTAROBEAR氏の言葉。私も納得です。
もう時既に遅しですけど、あけぼのレディースゴロンとシートとともに子供用にトイレ改装してチャイルドマザーシートもつければよかったのにと思います。もち紙オムツはサービスでおしりも洗える深い洗面台も完備とか。子どもとお母さんがゆっくり横になれて、さらに周りを気にしなくていい環境に寝台特急の生き残りの道があるかもしれませんね。

P1020493s.jpg
P1020494s.jpg

青森へは定時到着。これが世界各国から驚嘆と尊敬を受けている所以ですが、いやんなるぐらい正確(笑)
おかげで、あけぼの発車まで約1時間半ほど青森駅周辺に滞在できました。まずは腹ごしらえにお寿司屋さんに。

P1020495s.jpg

駅前の大黒寿司に寄りました。なかなかよいですよ、ココ。大将は海坊主みたいですけど(スイマセン)、結構気さくです。ちなみに特上でも2000円でしたので注文。

P1020496s.jpg

お吸い物はエビで出汁をとってます。どっちもたまらん美味しい。ビールは大びん2本空けました。サービスでリンゴも一切れ頂きました。これがまた甘い。すっかりいい気分。

店を出た後、道路はさんで向かい側のお店に寄って、奥と娘ふたりのおみあげを物色。気にいってもらえるかどうか不安になりつつも、きんちゃく袋小2つと大1つを購入。(帰宅して渡すと、喜んでもらえたみたい…ホッ)

P1020541s.jpg

さてさて、満を持して寝台特急あけぼのの入線を待ちます。

P1020499s.jpg

この日は風もなく雪もなかったので、寒くはなかったです。17:55にDE10に牽引されてゆっくりとホームに滑り込んできました。往年のブルーが輝いているように見えたのは私だけ?乗車するまで、あっちいったり、こっちいったり…慣れない写真を撮ってました。

P1020503s.jpg
P1020507s.jpg

何枚か写真を撮ったあとBソロ2階席へ。1階席より階段がある分、かなり狭いです。カプセルホテルみたいな感じ?電源はありません。ただ腰痛持ちの私には腰を伸ばせるが一番なのです。いくら夜行バスの座席がよくなってフルフラットになっても、狭くてもゴソゴソ寝返りが打てるのが最高。

6:24、1分遅れで青森駅を発車。大館過ぎたころでしょうか。ふと見上げると、オリオン座が輝いていました。まるであけぼのの名残を惜しむかのようでした。私はラッキーしたと思います。だって、冬の青森秋田で雲の切れ間が出来たんですから。車窓からの雪景色は、雪で大変な苦労をなさっている方もいらっしゃっるわけですけど、それでもすべてを包み込むようで優しかったです。

秋田を過ぎると、ほとんど雪もなくて風もないようでした。羽越本線は風が大敵。これがないためか、すこぶる順調に走行してました。

P1020516s.jpg

そのあと車内で缶ビール500と350を空けて、急に睡魔が…やっぱ若くないですね。結局、ガタンという振動で目が覚めたのは新津発車直後。新津では起きてたかったのになぁ…とはいうものの、またバタンキュー。途中で運転停車時に一瞬だけ起きただけで、目が覚めたのはすでに高崎過ぎてました。

5:36にMOMOTAROBEAR氏からのメールで起床(汗)同氏とはあけぼの車内の私を川口付近で撮影するという約束をしていました。ですからメールがあったわけで、あのままなら上野まで寝てたかも〜〜Zzz。

大宮手前の6:05頃の鴻巣付近で同氏の指令を受けた?撮り鉄軍団のおひとり、だんべぇ氏が車内の私を捉えたようです(笑)こちらからは、暗くてわかりませんでした。ごめんなさい。

s-140202 051DPP-1.jpg

さらに川口駅でMOMOTAROBEAR氏が撮影されてました。夜が明けて、まさに「あけぼの」でしたので、こちらからはっきりと確認できました。本当にありがとうございます。
http://www.youtube.com/watch?v=6A7UfDyNwHo

P1020539s.jpg

上野到着後に同氏とお会いすることができました。とても素敵で福耳の優しそうな方でした。小一時間モーニングを食べながら、四方山話をさせて頂き、新幹線のぞみで帰路につきました。

P1020540s.jpg

帰宅したのが14時。前日から約30時間。距離にして往復2650キロ。ほとんどが移動時間って…やっぱ阿呆ですね。




もしよかったら、ポチッとしてくださいね〜!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

posted by がんぼや at 23:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かんぼやさんこんばんわ(^^ゞ
「あけぼの」弾丸ツアーお疲れ様でした!
いや〜すんごいですね〜30時間で移動とは・・・
でも夜汽車の雰囲気満点で良かったですね!
私は「北斗星」是非乗りたいです^−^
Posted by くさたん at 2014年02月03日 18:53
くさたん様
こんばんは!
30時間は腰の修行に有意義でしたよ(笑)
でも行った分、それだけ夜行の雰囲気を満喫できました。
私も北斗星に乗りたいです。
でも関西圏からだとどうしても2泊3日になってしまいそうです。(飛行機がイヤなだけかも?)
今後ともよろしくお願いします。
Posted by がんぼや at 2014年02月03日 23:17
日頃からお世話になっている桃太郎さんの指令とあらばということで、出陣でした。
暗いなかであったので、これが限界でした。
すみませんでした。
その様な中、Blogに掲載していただき、ありがとうございます。
もっと、腕を磨いておきますので、また指令を出していただければ、極力出陣いたします。
私にとっても、久々にスリルを味わう、楽しい撮影となりました。
ありがとうございました。
Posted by だんべぇ at 2014年02月04日 12:57
だんべぇ様
このたびは本当にありがとうございました!
こちらから手を振るなどできればよかったのですが、
暗くて確認できず、申し訳ありません。
ばっちり、アゴに手をやってますね、わたくし・・・
でもこんなことを素人の私が言うのもなんですけど、
ピンポイントで凄いテクニックと思います。
北斗星に乗る機会があれば、またよろしくお願いしますね!
Posted by がんぼや at 2014年02月04日 20:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック