2013年05月17日

オハネ15に動力ユニット取り付けてみる……

かねてからTOMIXはKATO他メーカーに比べて
台車の転がりがあまりよくないです。
理由は、集電シューと車輪がビミョ〜に接触しちゃうから。

だもんで、国鉄時代の寝台特急フル編成を再現した時に、
昇り勾配では牽引機関車が引っ張りきれない場合もあります。

そこで中間車両を一部動力化できないか思案…

だいぶ前に特急「雷鳥」再現用にTOMIX国鉄485系特急電車(AU13搭載車)増結セット(M)を
購入してたんですけど、ちょっともてあまし気味だったので、
コイツをトレーラー化してモハ484動力ユニットを転用することにしました。
まあ床下機器に関してはかなり不満の残るところですけど、
GREENMAXなどの動力ユニットではかなりモーター音がうるさくて
室内照明取り付けが困難なので、妥協。

使用する車両はTOMIXのオハネ15です。

窓ガラスを約1ミリ削ります。
(動力ユニットは窓ガラスのところまでしか入らないので、
そのままだとちょっとだけはみでちゃいます。)

中が見えないように「エヌ小屋」のカーテンパーツを貼り付け。
TOMIX製 14系15形・24系25形用カーテンパーツ(全閉)(オハネ4両・ハネフ2両)
貼り付けには両面テープは使用せず、
いわゆる木工用ボンドを少量使用します。
P1010806s.jpg

動力台車をアーノルドカプラーの付いたDT32Uに取り替えます。
付属のカプラーは短いので、先にアーノルドL(TOMIXのJC03)に交換しておきます。
P1010807s.jpg

あとはボディをかぶして終了。
P1010805s.jpg
P1010804s.jpg

走行テストは……
勾配で牽引機関車との馬力が違いすぎるために
トレーラー車が脱線する時があることが判明。
現在こしあん中です。
相変わらずのズボラでええ加減な加工でごめんなさいです。。。


もしよかったら、ポチッとしてくださいね〜!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村


posted by がんぼや at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388440930
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック