2016年05月06日

モジュールレイアウトの土台制作

モジュールレイアウトを制作する上で、
持ち運びできないと意味がないわけです。
ただモジュールが小さいと、線路だけ組み立てた敷き布レイアウトと
変わらなくなってしまうので、できるだけひとつのモジュールを大きくできないか、
思案しておりました。

今回は、ホーム設置エリアに関しては、ひとつのモジュールサイズを
1500mm×900mmに設定しました。持ち運べる最大サイズかな?

用意したのは、押し入れに使うすのことMDFの合板。
すのこのサイズは750mm×750mmを2枚。
MOF合板は900mm×900mmと900mm×600mm
P1040223s.jpg
P1040226s.jpg

まず2枚のすのこを接続します。
P1040228s.jpg

その上から合板を載せてみると、微妙にはみ出し部分が・・・
長さがきっちりしてないのは、中国製だから諦めないと。。。
P1040230s.jpg

そこで、すのこをちょっぴりカット。

次に木ネジで合板を固定します。
P1040233s.jpg
P1040234s.jpg

裏側。
P1040237s.jpg

かなり大きいサイズですが、これでも新幹線ホームの半分(><)
ぼちぼち頑張ります。。。




posted by がんぼや at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする