2015年10月08日

娘の感染性胃腸炎とレイアウトの地面の表現

今週は娘が感染性胃腸炎になってしまって、その対応で右往左往。
水曜日午前3時から尋常ではない腹痛で大泣き。
おなか抑えて「痛い痛い!」とのたうちまわって、嘔吐も2回。
うんちはこの時は出ず。
吐いたら、少しましになったみたいなので様子見。。。
やっぱり激痛(泣)
どうにも治まりそうにないので、休日診療所に午前4時ごろに受診。
(休日診療所には車で30分なんだな・・・田舎だから)
胃腸炎でしょうとのことで、浣腸してもらったけど、
全然腹痛治らず。虫垂炎や卵巣軸捻転かもと言われて、
紹介状を書いてもらって輪番の救急病院へ。これまた車で30分かかるところ。
ちなみに救急車じゃなくて、自家用車の後部座席に乗せて移動。
(救急車要請しても良かったんだけどね・・・)
ここでは優しい小児科の先生が当直でほっ・・・
血液検査は炎症ほとんどなし。熱も37度ぐらい。
結局、造影CTを撮影することに。
そしたら、胃腸炎は胃腸炎なんだけど・・・(たぶんウイルス性???)
うんちの塊がいっぱい!!
普通なら下痢するところ、糞詰まりで出なくて余計にお腹が痛くなってたみたい。
二度目の浣腸。これで腹痛はだいぶましになって午前8時ごろに帰宅しました。
ただこのあと家でいわゆる「あげ下し」っつうやつが始まって、
もう本人はしぶり腹とおう吐でヘロヘロ。。。
ようやく木曜日に回復基調。
若いから明日には復活すると思います♪
がんぼやはといえば、水曜日はちょこっと出勤だけして一日有休を頂きました。

そんなわけでなかなかレイアウトに触ることができず、
予定を変更して、すみ鉄おうちレイアウト氏から頂いた道床の紹介を。
Zゲージタイプ合格道床バラスト。
P1030739s.jpg

これはやや値段は高いですが、粒子の大きさが一定で実に素晴らしいです。
地面にムラができないんですよ。
実際の使用例の写真。
P1030794s.jpg

柵の線路側はKATOのバラストを撒いたもの。
柵と機関庫、詰所の間がこの道床。
ちょっと写真センスがないので、わかりづらいですが、かなりの違いがあります。
綺麗に地面を均したい場合は断然この道床はお勧めですね(^^)




posted by がんぼや at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする