2015年07月24日

TOMIX5569TCS自動踏切

ここのところ、自治会活動が忙しいがんぼやです。
忙しいだけならいいんですけど、なかなか上手くいかないことも多くて、
ちょっと閉口ぎみです(泣)
鉄道模型でストレス解消といきたいところですが、
その時間がないのよね・・・

前回記事で線路のバラスト撒きの予定でしたが、急遽変更して・・・

自動踏切設置(^O^)/ 

なんで自動踏切を導入することにしたかというと・・・
相方と以下の会話があったのが遠因です(>_<)

相方:
「ご近所のだいちゃんとこのプラレールの踏切、自動で開閉するやん♪」
がんぼや:
「あんなもん、渡るのは、命がけやん。」
相方:
「せやけど、あんたの、閉まりっぱなしやん。だいちゃんに負けてるで〜〜〜♪」
がんぼや
「ぐぬぬぬ・・・・・・」

というわけで、ジョーシンで衝動買い。
P1030682s.jpg

お値段12000えん。

レイアウトに組み込む前に単純ループ線を作ってテスト。
最初は開いたまんまだったり、閉まったまんまだったり・・・
原因は別購入したワンタッチセンサーと判明。
このセンサー、短いほうが0.3ミリぐらいレールに接触しないように隙間になってるのね。
列車通過する際にこの0.3ミリの隙間に車輪が入ることで電流が流れる仕組み。
最初に設置した際にレール〜車輪〜センサーの通電不良があったようです。
調整して車輪がセンサーに接触するようにすると、
ちゃんと警報が鳴ったり、開閉もするようになりました。

そこで、レイアウトに組み込み。
リレーラーレール部を利用してみました。
P1030684s.jpg
P1030687s.jpg
P1030686s.jpg

さあ、配線工事しなきゃ。。。デコパネに穴をあけるの大変そう(>_<)


posted by がんぼや at 02:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする