2014年09月01日

寝台特急出雲JR化直後銀帯フル編成3

前回は14系15形客車(25-100の代用)のHゴムを透明してみましたが、
いよいよグレーに着色です。

着色に使用するのはガンダムマーカー。
「鉄道に萌え」様で使用されているのを参考にしました。
技術レベルは置いといて、これ、結構重宝しますよ(笑)
ほとんど匂いがないし。
P1030074s.jpg

塗装は実はほぼ初めての経験だったりします。
(はるか遠い昔、タミヤの旧大日本帝国海軍1/700のプラモデル以来かな・・・)

まずはとにかくやってみました。
実際にやると、出る塗料が多いです。
そこでちょっと出しては爪楊枝の先端でなぞってみました。
塗料がはみ出たら、エタノールで全部落としてから最初からやり直すのがよさそう。
ぶっちゃけ、あと100回練習したら上手にできそうです(^O^)
今回は「ま、いいか!」という感じ。

P1030085s.jpg

ウラはガンダムマーカーホワイトで着色してみました。
これはちょ〜〜〜〜いい加減(笑)
P1030087s.jpg

で、仕上がり具合ですが、お世辞も上手とはいえません(>_<)
まあ、雰囲気だけ(汗)
P1030093s.jpg
P1030094s.jpg
P1030107s.jpg

次回はカーテン装着と室内灯装着の予定です。


もしよかったら、ポチッとしてくださいね〜!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

posted by がんぼや at 22:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

寝台特急出雲JR化直後銀帯フル編成4

今回は出雲銀帯フル編成再現のために新たに購入したオハネフ25の紹介です。
中古でオハネフ25-206とオハネフ25-148の2両を購入しました。
車番がインレタされていて、中間車両で基盤ライトがありません。
旧集電台車で室内照明ユニットはワンタッチ装着ではありません。

「さよならあさかぜセット」のバラ???
鉄道模型をはじめて5年に満たないので、旧ロッドはよくわかりませんね。。。
どなたかエロいえらい人に教えてください(^^)

ちなみに実車ではオハネフ25-206は出雲編成に組み込まれていたことがあるようです。
オハネフ25-148のほうはちょっとわかりませんでした。

これでフル編成再現用の車両は12両すべて出揃いました。

ぼちぼちとHゴム着色変更や室内照明ユニット組み込み、カーテン装着などなどを
並行して頑張っていきたいと思います。

オハネフ25-206
P1030100s.jpg
P1030099s.jpg

オハネフ25-148
P1030103s.jpg
P1030106s.jpg

旧集電台車および内装
P1030104s.jpg
P1030105s.jpg



もしよかったら、ポチッとしてくださいね〜!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

posted by がんぼや at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

寝台特急出雲JR化直後銀帯フル編成5

昨夜は中秋の名月でしたね。朝晩がだいぶ涼しくなって過ごしやすいです。

出雲の整備のほうですけれど、カーテン装着と室内照明取り付けにかかっております。

カーテンはいつものようにエヌ小屋です。
P1030110s.jpg

このエヌ小屋のカーテンは全閉と開閉の2種類がありますが、
開閉のほうは結構開き過ぎな感じがあったので、
今回は全閉に適当に切り込みを入れます。
P1030127s.jpg
P1030128s.jpg

窓ガラスに爪楊枝でシーナリーボンドを少しずつつけていきます。
P1030129s.jpg

窓ガラスをはめ込みます。
P1030130s.jpg

次に室内照明をとりつけます。
今回はマイクロエースの照明を選択しました。理由は車両の端の明るさです。
手前味噌で恐縮ですが、拙下記動画にありますようにTOMIXは両端が暗くなります。
https://www.youtube.com/watch?v=M3Q7jXMGcGM
小窓も明るくしたかったので、マイクロエースというわけです。

まあでも室内照明は結構な出費になりますよね。
ただやっぱりあるのとないのでは雰囲気が変わります。
特に夜行ではかなり綺麗ですから、がんばって導入したいものです。
P1030121s.jpg

ご存じの通り、TOMIX旧車両は室内照明ユニットを固定するツメがありません。
ですのでセロテープで固定(^^)
P1030131s.jpg

ボディをかぶせてスイッチおん!

P1030132s.jpg

小窓もうっすら光ってくれてます(^^)
次回は牽引EF65、DD51の整備にかかりたいと思います。


もしよかったら、ポチッとしてくださいね〜!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

posted by がんぼや at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

寝台特急出雲JR化直後銀帯フル編成6

いよいよ出雲整備も大詰めに近づいて参りました。
牽引EF65とDD51の入線です。

まずはDD51から。
TOMIX2219 DD51-1000暖地形です。
P1030111s.jpg
P1030115s.jpg

次にEF65。
もともとのベーシックプラン出雲のEF65だけでもよかったのですが、
標識灯がダミーなのがかなり不満でして、
KATO3061-1 EF65 1000後期形も採用することにしました。
JRマークですが、TOMIX8517スハネフ15に付属しているインレタを貼り付けました。
P1030117s.jpg
P1030119s.jpg
P1030120s.jpg

次回は車番貼りです。老眼の小生にはつらいかも・・・


もしよかったら、ポチッとしてくださいね〜!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

posted by がんぼや at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

寝台特急出雲JR化直後銀帯フル編成7(完成)

寝台特急出雲JR化直後の銀帯フル編成製作も車番貼りでラストです。

「ブルトレ新系列客車のすべて」によりますと、オハネ25形100番代は
《昭和61(1986)年から「あさかぜ1・4号」「出雲1・4号」に使用されていた
品川所属のオハネ25 141・143~152・208〜218・220・221・224~226が
グレードアップ改造を施工し、客室内へのじゅうたんの貼り付け、
寝台モケットの張り替え、便所・洗面所のアコモデーション改良などを行い、
飾り帯を金色テープ帯に変更した。》とあります。
1987年4月からJRですから、移管にあわせて金帯へ変更していったようですね。
洗面所の小窓がいつ埋められたのかは、ちょっとわかりませんでした。
というわけで、オハネ25の車番は上記から選択しました。

オハネフ25形100番代、200番代についても同書によれば同様に金帯変更は1986年からで、
オハネフ25 117~129、オハネフ25 201~205が該当します。
100番代は方向転換が不可能な片渡り構造で東京方面に統一されています。
それに対して200番代は両渡り構造に戻しています。
昭和61年頃の出雲の編成は中間車両に200番代を使用していたようですね。
昭和63年になると100番代のみとなっているようです。

これらを踏まえて車番を貼って編成を組んでみました。
(一部実際には組み込まれていない車番もあります。)
カニ24 101 オロネ25 7 オハネ25 144 オハネ25 149 
オハネ25 208 オハネ25 212 オハネフ25 148 オハネフ25 206 
オシ24 102 オハネ25 226 オハネ25 145 オハネフ25 129

左:浜田方面 右:東京方面

カニ24 101
もともとベーシックプランにあった車両です。
しっかりJRマークです。
kani24101.jpg

オロネ25 7
もともとベーシックプランにあった車両です。
orone25-7.jpg

オハネ25 144
TOMIXオハネ15の代用です。
ohane25144.jpg

オハネ25 149
TOMIXオハネ15の代用です。
ohane25149.jpg

オハネ25 208
TOMIXオハネ15の代用です。
ohane25208.jpg

オハネ25 212
TOMIXオハネ15の代用です。
ohane25212.jpg

オハネフ25 148
車番がもともとついていた中古の中間車両です。車番を上記のものに付け替えたかったのですが、
素人が手を出すととんでもないことになりそうでしたので、そのままにしています。
ohanefu25148.jpg

オハネフ25 206
車番がもともとついていた中古の中間車両です。車番を上記のものに付け替えたかったのですが、
素人が手を出すととんでもないことになりそうでしたので、そのままにしています。
ohanefu25206.jpg

オシ24 102
もともとベーシックプランにあった車両です。
oshi24102.jpg

オハネ25 226
TOMIXオハネ15の代用です。
ohane25226.jpg

オハネ25 145
もともとベーシックプランにあった車両です。
小窓が埋められています。
ohane25145.jpg

オハネフ25 129
これは新品を購入しました。
ohanefu25129.jpg


一応、これで完成ということで。。。
さてさて、この12両編成が拙レイアウトの勾配を登坂するとは到底思えません(>_<)
そうなると・・・やっぱり・・・アレを導入ですかね?(笑)


もしよかったら、ポチッとしてくださいね〜!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

posted by がんぼや at 02:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

拙レイアウトでのTOMIX8540カニ24-100(M)の協調運転&登坂試行

寝台特急出雲JR化直後銀帯フル編成を拙レイアウトで走行させてみましたが、
やはり登坂しませんでした(>_<)
KATO3061-1 EF65 1000後期形では牽引力が弱いのです。
TOMIX製でもどんぐりの背比べでした。

新集電台車にしてみましたが、室内照明の分の重量が馬鹿にならないようです。
てなわけで、TOMIX8540カニ24-100(M)を導入してみました。
もうね、ぐんぐん登坂しました(^O^)/

YouTubeに動画をアップしてます。参考にしてくらはい。
TOMIX8540 カニ24 100(M)〜協調運転での登坂試行〜


もしよかったら、ポチッとしてくださいね〜!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

posted by がんぼや at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

発熱中・・・

今朝起きて頭が痛くて二日酔いかな?と思ったんだけど、
どうにも寒気するし、熱測ってみました。

P1030214s.jpg

37.5℃
咳も腹痛も何もなし。

今はやりのデングか??とちらっと思ったけど、
代々木には行ってないし(笑)

たぶん原因はこれ。
P1030215s.jpg

左足の小指の爪が割れて腫れてます。
バイキン入っちゃったかな?

セフゾンのんで寝ますZZZ

お天気いいのに悔し・・・・・



にほんブログ村
posted by がんぼや at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

TOMIX客車のアーノルドカプラーからKATOのカプラーN JPAに交換

先日の発熱は夜には36.5度にまで解熱して落ち着きました。
抗生物質セフゾンが効果あったのか?(笑)
そういえば抗生物質の元といえば青カビからできたペニシリン。
こいつを大量生産できるようにしたのが、オーストラリアのハワード・フローリー教授。
ノーベル医学生理学賞をフレミング、チェインとともに受賞されてます。
知ったかぶりしてますけど、小生もつい最近知りました(笑)
子供がオーストラリアの有名人って誰?って、聞くもんですから・・・
ちなみに相方は「ミランダ・カーでいいやん♪」

今更ながら抗生物質の恩恵に預かっているわけですけど、
当たり前のように使用して耐性菌まで出てきて、
さぞフローリー教授は眉をひそめていることでしょう...

というわけで本題。
寝台特急出雲JR化直後銀帯フル編成の整備は終了していたのですが、
先日コメからカプラーもちょっと交換してみることにしました。

アーノルドカプラーは非常に優れたカプラーですけど、
やっぱり見た目が実車と違いすぎるのが難点。
そこでやっぱり交換したくなるのが悲しい性・・・

TOMIXの場合、台車にカプラーが付いている車両があります。
これをTNカプラーなどに交換しようとすると、
台車のカプラーポケットをポキッと折る必要があります。
これが小生には非常に不満・・・
折ってしまうと二度と原状復帰ができません。
気持ちの問題でしょうけど、何となく壊している気分になっちゃうんですよね・・・

そこで原状復帰可能な状態でカプラーを見た目よくして連結・解放がスムースということになると、
コメントで教えて頂いたKATOのカプラーN JPAがいいようです。

P1030221s.jpg
P1030223s.jpg

交換は簡単。カプラーポケットにはめこむだけ。

P1030220s.jpg
P1030224s.jpg
P1030226s.jpg

グッと引き締まった感じがします。
こうなると、牽引機関車側のカプラーも交換へ。
次回はTOMIX製の機関車のカプラーをKATO製へ交換にチャレンジしてみたいと思います。


もしよかったら、ポチッとしてくださいね〜!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

posted by がんぼや at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

TOMIX客車カプラー交換の続きとTOMIX2219 DD51-1000暖地形のカプラー交換

前回記事でコメを頂きました通り、アーノルドカプラーとKATOカプラーN JPAとの車間比較を
してみました。

P1030238s.jpg
P1030235s.jpg

上がアーノルドカプラーで車間は5.5o、下がKATOカプラーN JPAで車間は4.5oです。
Nゲージで1oの差は個人的には短縮されているように思いますが、
あくまで主観ですからねぇ〜〜〜(^O^)

さてさて牽引側の機関車のカプラーをどうするかです。
KATOのカプラーにしましたので、牽引側はできればナックルにしたい・・・
でもTOMIX製のDD51ではカプラー交換が困難な気が・・・
とりあえず小生の持っているガラクタ箱を捜索。
KATOカプラーN(黒)(アーノルドカプラー用ポケット対応)を発見!
P1030227s.jpg

こいつは使えるんじゃないかと思い、
まTOMIXのDD51のカプラーを外して、はめ込んでみることにしました。
P1030228s.jpg

結果はうまくはめ込めました\(^O^)/
これには小生自身も驚き!
P1030229s.jpg

ナックルカプラーほどではないけど、結構見た目もいい感じ(自画自賛・・・)
P1030231s.jpg

今回のカプラー交換は意外とお手軽にできました!
味を占めそうです(笑)


もしよかったら、ポチッとしてくださいね〜!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

posted by がんぼや at 11:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする