2014年06月13日

西村主審のメッセージ?サッカーW杯、ブラジルVSクロアチア

鉄道模型ネタとは全く違ってごめんなさい。

ワールドカップ開幕戦ブラジルVSクロアチアをLIVEで見ました。
いつもならどっちが勝っても高みの見物なんですが、
今日は西村さんが主審ということで、妙に緊張しちゃいました。

そしてまず西村さんの身を思わず案じてしまったのが、
ネイマールへのイエロー。

だって「ワールドカップ」「ホーム」「開幕戦」「ブラジル」、
これだけでも役満なのに、
「オウンゴール」「0-1負けの状況」「ブラジル10番」「ネイマール」ですよ。
しかも本大会「初イエロー」のおまけつき。
こんなもん、大三元字一色四暗刻で天和でしょ。
(麻雀知らない人にはごめんなさい。奇跡に近いということです。)
ブラジルにとっちゃ、よくぞまあやってくれたな!ぐらいに思われても仕方ないですよね。

ブラジル有利に八百長した!やら買収された!などと
揶揄する方がおられるようですけど、
いっぺんこの状況でイエロー出してみ?(笑)
おっちゃんなら怖くて出せんわ。
イエローなんか出した日にゃ、ションベンちびる(笑)

ただこのイエローをきっかけにブラジルの選手達になんか意思統一できたみたいでした。
「今日のジャッジは手を使うことに厳しいから注意しよう。」みたいな。
そしてネイマール自身もちょっと冷静になった感じがしました。
これが同点ゴールにつながったように思います。

で69分のPK。
かなり西村さんが叩かれているみたいですけど、
「手を使うことに厳しい。」ことにクロアチアのほうが
いまひとつ理解が出来ていなかったと思います。
腕や手を出してのプレーが反則とみられることに気が付けば、対応できたはずです。
ましてや、後ろから手を掛けたのでは・・・

つまり
ジャッジは一貫してたし、妥当なんですよ、このPK。
よく審判は試合の流れをよめなんて言われるけれど、
これはフィールドプレーヤーにも言えること。
ブラジルのほうがその流れをよむのがうまかったんです。
ブラジルDFダビド・ルイスかな?
手を後ろに組んでディフェンスしてたし。
逆にクロアチアのほうがハンドじゃないかもしれないけれど、
腕を上げて紛らわしいプレーがありました。
幻の1点もその前にゴールキーパーに腕を上げて体ごとアタックしてましたよ。

西村さんは粛々と自分の職務を全うしたと思います。
誉められはしないかもしれないですけど、
決して非難されるようなことはなかったと思います。


そしてあと1,2試合みれば大体のジャッジの傾向が判ると思いますが、
腕や手を使うプレーに厳しく対応するという傾向がはっきりしそうかも。

だとすれば、これは日本代表へのメッセージですよね。
腕や手を使うようなプレーに注意するということ。

まあ一番心配なのが大久保だな(笑)

posted by がんぼや at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ワールドカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする